チームについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

作.AC北海道 チームコンセプト

2006年4月1日発足
作.AC北海道は市民ランナーとして走ることを楽しみながらも
それぞれに日々、走力の向上を目指しております。
「ランニング好き」な「同志」が集まったチームです。
北海道を拠点として、国内外問わず数々の大会に出場しております。

現在は作.AC札幌、作.AC旭川を発足させ、地域に根付いて活動をしています。

また、北海道を中心として多くのランニングイベント活動を行っています。


皆様の温かいご声援のほどをよろしくお願いいたします。
作.AC北海道
代表 作田 徹


これまでの主な活動

第2回作.AC真駒内マラソン

<2015.11.3>

平成27年11月3日、日刊スポーツプロモーション主催、オフィシャルドリンクスポンサーの北海道コカ・コーラボトリング株式会社様ご協力のもと、作.ACグループが全面サポートをした大会が開催されました。今年も約800名ものランナーの方にご参加いただきました。今年は第1回大会とは打って変わり、すばらしい快晴に恵まれ、非常にコンディションが良い大会となりました。また総合司会にはUHB続木美香アナウンサーを迎え、「聞きやすい、分かりやすいアナウンス」を提供することができました。

コースは真駒内公園、豊平川河川敷を中心とした1周10kmを4周する内容となっており、レースとしても、練習としても参加しやすい大会となっております。
大会を通して、出場してくださったランナー、ボランティアスタッフとして運営に協力してくださった方々など、多くの市民ランナーの皆様に支えられていること、そして作.ACチームメンバー同士の信頼関係を再度確認することができました。
来年度も開催予定となっております。これからも皆様にご支援していただけると幸いです。

 

サブ3、サブ4を目指す本格ランナーへ作田徹が送る、ランナーの条件と真駒内マラソンが最適な理由

「5時間切りを目指して!」作田徹の初心者ランナーへ送る、作.AC真駒内フルマラソンの招待状

大会の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

第2回 作.AC真駒内マラソン VOL.1

第2回 作.AC真駒内マラソン VOL.2

第2回 作.AC真駒内マラソン VOL.3

第2回 作.AC真駒内マラソン VOL.4

第63回 なよろ憲法記念ロードレース

2015.05.10

今年もなよろ憲法記念ロードレースに作.AC北海道・札幌・旭川がゲストランナーとして参加しました。この大会は1953年(昭和28年)からずっと行われてきた道内最古の大会であります。この栄えある本大会に、2010年から作.AC北海道がゲストランナーとして参加させて頂いております。名寄市様とは非常に親交が深く、作.ACが現在のように多くのランニング教室やイベントに招待していただけるようになったのもこの大会がきっかけでした。今後も名寄市様との絆を大切にランニングに取り組んで行くことを改めて決意いたしました。

なよろ憲法記念ロードレースの様子はこちら(作.AC北海道公式ホームページ)

第63回なよろ憲法記念ロードレース

 

名寄青年会議所 創立60周年記念事業 キッズキャンプinなよろ

お付き合いも6年以上となる名寄市において、名寄青年会議所 創立60周年記念事業”キッズキャンプinなよろ”を開催しました。講師として作田徹・石井憲・阿部雅司・太田尚子・藤澤舞、サポートに菊地真司が同行しました。
普段は市民ランナーの皆さんと一緒に走ったり、 講習会を開かせて頂いたりしていますが、今回はさまざまなスポーツに興味がある小学生が対象ということもあり、走りに加え、ボール投げや縄跳び競争など、運動の基本となる動きをゲーム感覚で行いました。

午後にはオリンピックメダリスト有森裕子さんの熱い指導を受け、翌日の有森裕子ひまわりリレーランに「キッズキャンプチーム」で挑みました。

夜には近隣合宿施設でジンギスカンを食べ就寝することで、「みんなで一緒に活動して協力する」共同生活を楽しむことができました。

名寄青年会議所さんの創立60周年の記念すべき事業ということで緊張感もありましたが、一大イベントの一端を担うことができ光栄に感じます。

キッズキャンプinなよろの詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

キッズキャンプinNAYORO2015 VOL.1

キッズキャンプinNAYORO2015 VOL.2

 

 

作.AC北海道 RUNNERS CAMP in伊達大滝

<2015年6月、7月、9月>
伊達市大滝地区から、大滝が誇るクロカンコースを活用して、地域の魅力を発信する取り組みとして、ランナーズキャンプ開催の依頼が作.AC北海道にありました。合宿地としての魅力を発信するプロモーションビデオを2015年8月に作成するところから始まり、2015年6月、7月、9月には、定員30名の募集をし、テーマに合わせた練習会を開催しました。練習後はホロホロ山荘に宿泊、温泉につかり、さらには懇親会を開き、ランナー同士のコミュニケーションの場となりました。伊達市物産館の3000円分商品券をご参加の皆様全員にご提供頂き、お買い物も楽しめるキャンプとなりました。

伊達大滝クロスカントリーランナーズキャンプ MOVIE (YOUTUBE)

toyohira20160001

RUNNERS CAMP in伊達大滝の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

伊達大滝合宿2015年6月 VOL.1

伊達大滝合宿2015年6月 VOL.2

伊達大滝合宿2015年7月 VOL.1

RUNNERS CAMP in 伊達大滝2015のホームページ(参考)

 

 

 

第1回オホーツク網走マラソン ペースランナー

<2015.09.27>
網走市で開催された第1回オホーツク網走マラソンにおいて、作.AC北海道、札幌メンバーがペースメーカーを務めました。我々市民ランナーチームがペースメーカーとして主催者及び運営会社アールビーズ様より依頼を頂ける、このような機会を頂けたのも普段より当チームを支えてくださる皆様のおかげだと痛感しました。
レース後半は雷雨となりましたが無事に役目を終えることができました。

当日の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

オホーツク網走マラソンVOL.1

オホーツク網走マラソンVOL.2

 

札幌30K

今年で3回目となる札幌30K(サーティーケー)に、今回も作.AC北海道・札幌・旭川メンバーがペースメーカーを務めました。

北海道マラソンに向けての調整に最適なこの大会は、多くのランナーの皆さんの今後のレース結果を左右する重要な位置づけなので、非常に重責を担うことになりましたが無事に勤め上げることができました。

このような大会でより多くのランナーの皆様を支える機会を得ることができ、大きなやりがいを感じました。

札幌30K当日の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

札幌30K2015 VOL.1

札幌30K2015 VOL.2

札幌30K2015 VOL.3

札幌30K2015 VOL.4

札幌30K2015 VOL.5

 

第7回 しまだ大井川マラソンin リバティ

<2015.10.25>
第3回大会より、作.AC北海道と親交の深い、静岡県島田市で開催されている、しまだ大井川マラソンinリバティに今年も多くのランナーと共に参加しました。
今回も記録を狙い、旅行を楽しみたいランナーの皆さんとで島田市に行き、マラソンと温泉を楽しんできました。

この大会が初フルマラソンという方や毎年必ず出場するという方も多く、富士山静岡空港を利用すると助成金があること、名物の大エイド、走りやすい大井川河川敷リバティコースなど、その魅力にリピーター続出の大会です。

北海道のランナーにこの大会の魅力を伝え、今後も静岡県島田市の活性化のお役に立てるよう取り組んでまいります。

 

しまだ大井川マラソンツアー2015の様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

第7回しまだ大井川inリバティ

しまだ大井川マラソン2015ツアー 土曜日にまたまた来ました島田編

しまだ大井川マラソン2015 緊張のレース編

しまだ大井川マラソン2015 レース後のお楽しみ編

しまだ大井川マラソン2015 最終日、とことん楽しむ恐怖の吊り橋編

 

YSAC&ジュニア運動教室in湧別

湧別町において、現地の市民ランナーチームであるYSAC、そして現地小中高学生を対象としたスポーツ指導を行いました。
今回も作田が指導を担当し、多くの学生・ランナーに参加していただけました。
YSACの皆様には、作.AC真駒内マラソンにもご参加頂くなど、強い絆を築くことができました。

ジュニア教室の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

湧別町でジュニア運動教室

 

北ガス6時間リレーマラソンin札幌ドーム

札幌ドームで開催されている、北ガスグループ6時間リレーマラソンin札幌ドーム。

今年もチーム代表の作田が多くのランナーの皆さんに向けてランニングアドバイスコーナーを担当しました。

この北ガスグループ6時間リレーマラソンin札幌ドームは普段ランニングをしない人々も、仲間と一緒に気軽にチームで参加できるイベントとなっています。

人数の関係で、チームを作れないけど参加をしたい人向けの「RUNとも」チームも作り、走るお祭りを楽しむことができました。

 

北ガス6時間リレーマラソンの詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

6時間リレーマラソンin札幌ドーム2015 VOL.1

6時間リレーマラソンin札幌ドーム2015 VOL.2

6時間リレーマラソンin札幌ドーム2015 VOL.3

 

 

ジュニア運動教室in秩父別

2015年6月13日(土曜日)、秩父別町にてジュニア運動教室を開催しました。

小学生、中学生の指導を担当し、スポーツの基本である「走り」を楽しみながらトレーニングし、他のスポーツに生かすノウハウをお伝えしました。

当日の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

ジュニアランニング教室in秩父別

日刊スポーツ豊平川マラソン ゲストランナー

日刊スポーツ豊平川マラソンにおいて作.AC北海道代表の作田徹がゲストランナーとして、ハーフマラソン1時間30分切りを目指すランナーの、ペースメーカーを務めました。また、作.AC北海道所属の阿部雅司もゲストランナーとして走りました。

日本陸連公認でもあるこの大会は、日々努力されている市民ランナーにとって 冬から続けてきた練習の成果を発揮する晴れの舞台であり、その大事なレースでゲストランナーとして走らせていただけて大変貴重な経験となりました。

 

大会当日の詳しい様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

日刊スポーツ豊平川マラソン2015

テレビ・ラジオ・新聞 出演

テレビ

2015年8月30日(日) UHB 北の開拓者たち第19回 ゲスト:作田徹

UHB 北の開拓者たち

 

ラジオ

2016年4月4日(月) AIR-‘Gモテラジ ゲスト:作田徹

2015年8月23日(日) HBC北海道放送  ほっかいどう元気びと ゲスト:作田徹

HBCラジオ「ほっかいどう元気びと」に出演します(作.AC北海道公式ブログ)

2015年8月17日(月) AIR-‘Gモテラジ ゲスト:作田徹

2015年8月17日(月)放送予定のAIR-‘Gモテラジ(作.AC北海道公式ブログ)

2015年5月11日(月) AIR-‘Gモテラジ ゲスト:作田徹

5月11日放送予定のAIR-‘Gモテラジ(作.AC北海道公式ブログ)

 

 

 

新聞

Let’s トライ!北海道マラソン

「北海道マラソン4ヵ月で完走宣言」という、とっても無謀な企画に、仕事に趣味に多忙な、AIR’Gの中嶋あゆみさん、UHBアナウンサーの続木美香さんがチャレンジしました。 その模様は、北海道新聞の夕刊に隔週で掲載されていました。

4ヵ月で完走は、「どう考えても無理」と思い、サポートを引き受けるかどうか悩みました。しかし、TVやFMの企画もので仕方なくやっているのかと思いましたが二人は本気でした。一生懸命頑張る二人に、「少しでも長く、北海道マラソンを走ってもらえたら」と願いながらサポートをしてきました。

結果として本番の北海道マラソンでは二人とも見事に完走を果たし、喜びに満ち溢れた企画となりました。

連載の様子はこちら(作.AC北海道公式ブログ)

Let’s トライ!北海道マラソン1

Let’s トライ!北海道マラソン2

Let’s トライ!北海道マラソン3

Let’s トライ!北海道マラソン4

Let’s トライ!北海道マラソン5

Let’s トライ!北海道マラソン6

札幌30Kでの完走の様子

北海道マラソン2015 -4ヶ月で完走宣言の続木美香さん、中嶋あゆみさんが完走しました!